読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外からでも口座が開設できるFX会社まとめ

こんばんは えらこきゅうです。

 

僕は家にいるのが好きなので特に外に出ることもなく暇すぎたので、今日は海外からでも口座が開設できるFX会社を調べてみました。

 

解説できる会社はいくつかありますが、日本でメインなのは2つくらいという印象。

 

1.セントラル短資FX(通称:セン短)

(ここは僕もお世話になっている会社の一つ。

100年以上の歴史を持っている短資グループで、システムが安定していることと、全額信託保全がされることで有名です。

噂だと日銀出身の役員がいるとかいないとか・・・本当だとしたら信頼度が増しますね。

 

その他にもスプレッドが2銭~だったり取引手数料が無料なのがうれしいところ。

 

スワップも高めなので数か月~数年単位での長期トレードをする人にもおすすめです。

 

2.LION FX (ヒロセ通商)

この会社は非常に魅力的な会社。

何が魅力的かというと

・取引可能通貨ペア50種類 

・約定成功率99.9%

・1,000通貨から取引可能

・トレールや時間指定注文が可能など取引システムが豊富

・信託保全もしっかり

ってな感じでここで口座を持つことができれば大体のことはできると考えても過言ではないでしょう。

 

でも一つ難点なのが

 

他の会社よりも審査が厳しめなこと。

 

僕は今まで5社で口座を開設してきましたが、ヒロセ通商だけ審査が通りませんでした。

 

3.海外から口座開設するときのポイント

3.1セントラル短資

日本国内の金融機関口座が必要

たとえ海外に口座を持っていてもそこを出先金融機関として使うことができないとのこと。

まぁ成人している日本人であれば銀行口座がないということはないでしょうから、気にする必要はありません。

 

・本人確認には「在留証明書」が必須

在留証明は各地の日本領事館で発行してもらえます。

国によって違いますが一通1,500円前後。

 

詳しくHPで確認してください。

 

僕も一度在留証明を発行してもらったことがありますが、A4の紙きれ1枚をもらうだけに1,500円はちょっと高い気も・・・仕方ありません。

 

3.2 LION FX (ヒロセ通商)

こちらはセン短とは打って変わって在留証明書無しでも解撤手続きができます。

パスポートや日本の免許書があればいいようです。

 

会社によって規定が違うのでこちらも詳しくはHPの確認をした方がいいです。

 

4.口座開設の注意点

4.1 在留国での取引が合法なのか?

日本ではFXやその他の投資が合法だからといって滞在する国でも合法とは限りません。

株のトレードは合法でもFXは違法なんてこともあるので、必ずその国でもトレードができるのかを確認する必要があります。

 

 

5.まとめ

調べてみて思いましたけど、海外から口座を開設するのは時間も手間もかかって何かと面倒くさそうですね。

これから海外に長期滞在する予定がある人は海外に行く前に口座を開設していった方がいいかもしれません。

 

今日はこの辺で失礼します。

 

また追加情報があったら随時更新予定